今日から簡単にできる新規顧客,開拓とリピート促進施策

電子個性名刺スマホサイト

電子個性名刺スマホサイト

スマホ対応電子名刺、電子個性名刺

上の秘密はメール設定の署名編集とコピペ付きチャットにあり!

0、はじめに。紙の名刺をけして否定するものでは有りません。
逆に非常に重要です。ここでの視点は電子個性名刺への橋渡しをするのが紙の名刺なのです。
紙の名刺には電子個性名刺のURLが読み取れるQRコードを表記すれば良いでしょう。必要な人は電子個性名刺サイトのQRコードデータ作成サービスします。既にある名刺ならラベルに印刷して貼り付けられます。

1、まずはスマホのメールアドレスからやり取りが始まります。
その時にメールソフトの署名編集に自分の簡単な紹介コメント、URL、名前をセットします。
これでメールを日常で利用するたびにこのセットした内容が最後に自動表示されます。紙の名刺や電話は同じ事を繰り返せば嫌われますが、これは最後の挨拶であり少しランク上の使い方なのでかえって信頼されます。

2、ある程度親しくなればLINEなどのチャットでやり取りをするようになります。その時はメモ帳などに残しておいて、メッセージを送る時にコピー&ペーストします。慣れたら簡単ですね?

3、そこでそのコメントやURLの存在は自然な形で相手に伝わっていて時間が空いた時に、URLがタップされじっくりを読んでもらえます。内容がよければ教えたい友人にワンタッチで転送してもらえます。

4、あとは、先方から興味を持ってサイトの中身について聞いてきたり、話題になりますから、自然な口コミと営業が進むのです。

項目名紙の名刺(戦略的)電子個性名刺
配布方法対面手渡しメールやチャットのお供で、イメージ良くスマートに
配布回数基本一度で終わりメール&チャットコミュニケーションの度、自然に再配布
閲覧時期渡した時だけ時間がある時スマホで何時でも何処でも誰でも
コスト配布に比例して増不要
情報鮮度配布時点で古くなる常に最新、新鮮な驚きを与えられる
情報量少ない文字、音声、動画他、自由自在
反応確認連絡ないと不明の待ちの姿勢アクセスカウンターでチェック
双方向性手渡して時点で終了何時でも何処でも誰でも手軽に問合せフォームからコンタクト可能
拡散力その人だけで終わり知り合いから知り合いへ無限拡散の可能性
効力寿命名刺ホルダー収納で終了何時でも何処でも見られメール転送で拡散され続ける
新規新たな出会いや飛び込み以外は可能性0空いた時間にスマホからカレンダー機能に呟く事で検索から興味を持った見込み客が訪問
名刺替わりのスマホ対応サイトで口コミの時代

制作一例

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional